更新日:2018年8月9日

認知症総合支援

常総市の認知症対策
もの忘れや認知症について相談する 認知症を支援する
認知症について学ぶ 支援を希望する

 

認知症について相談する

a

◆認知症本人+家族交流会「第3回 まずは話そう!の会」開催のお知らせ

 日時:平成30年8月12日(日曜日)  10時~14時

 場所:石下総合福祉センター

   (住所:常総市新石下4365 電話:0297ー30ー8555)

 対象:40歳以上の認知症の症状が気になる方とそのご家族

 内容:情報交換,レクリエーション(創作活動含む),個別相談(要予約),今後の活動についての意見交換など。

 申込先:高齢福祉課在宅福祉係(直通23−2930)

参加費無料です。

※本人・家族の交流会のため、原則ご本人とご家族が一緒にご参加ください。

※当日参加も可能ですが、材料等の都合もあるため、できるだけ事前にお申し込みください。

※開催時間内であれば,いつご参加いただいてもかまいません。

※個別でも集団でもお話を聞くことができます。(個別相談は要予約,各家族30分)

※今後も定期開催を考えています。料理なども含めた創作活動もこの会で検討していきます。

※ご不明な点は係にご連絡ください。お待ちしています。

▼第3回 認知症本人家族交流会チラシ(PDF:713.6KB)

 

 

1

物忘れチェック体験事業のお知らせ

 設置場所:議会棟高齢福祉課前(平成30年7月2日~7月31日)

       石下庁舎暮らしの窓口センター(平成30年8月1日~8月31日)

      ※約一ヶ月ごとに交互に設置予定です。

 設置時間:9時~17時(土日祝を除く)

 所要時間:およそ5分程度(個人差があります)

※このチェックでは認知症の確定診断はできません。

※あくまでご自身でのチェックですので,参考程度にしてください。

※面接等ではなく,タッチパネルで行います。操作説明が必要な際は職員が対応します。

※血圧を測る感覚でお気軽にお試しください。

※物忘れに関するご相談も受け付けていますので,心配事がある方はお気軽にご相談ください。

▼もの忘れチェック案内(PDF:326.9KB)

 

 

平成29年度からの新規事業です。

簡単な機械(タッチパネル)の操作でおおまかなもの忘れチェックをすることができます。

常総市にお住まいの40歳以上の方が対象です。

3人以上5人未満の人数が集まれば、指定の会場に出張いたします。

実施時間 : 午前の部 10時~

        午後の部 14時~     (午前午後ともに2時間程度)

※完全予約制になります。人数が集まりましたら、ご予約をお願いいたします。

※相談会の出張は、原則年度内1回となります。

※5人以上集まった場合には、調整してご連絡いたします。

※個別相談を希望される方には、後日対応いたします。

 

認知症について学ぶ

 

サポーターロゴ

身近な認知症について分かりやすくお伝えします。

平成30年度 認知症サポーター養成講座開催のお知らせ

 日時:平成30年9月17日(月・祝) 10時~12時

 場所:石下総合福祉センター 大会議室

 定員:80名(要予約制)

 申込先:高齢福祉課在宅福祉係(23−2930)

◆ケアホームなかお職員による認知症サポーター養成講座が開催されました

平成30年6月22日にケアホームなかお主催の認知症サポーター養成講座が開催され,56名の方が講座を受講しました。講話だけでなく寸劇も交えた講座となり,参加された近隣の方々は皆熱心に受講されていました。

nakao

※常総市では,講座の開催やサポーター数,オレンジリング配布数等を市で取りまとめ,全国キャラバン・メイト連絡協議会に報告しています。講座開催希望の方や主催者として講座を行いたいという認知症アドバイザーの方は,高齢福祉課在宅福祉係(直通23−2930)にご連絡ください。

◆今までの実績

昨年度は9月22日(祝日)の一般向けの養成講座の他、小学5年生や薬剤師さん,郵便局員の方々やデイサービス職員の方々を対象にした講座も実施しました。

平成30年7月現在で、1735名の方が認知症サポーター養成講座を受講されています。

引き続き複数人数の集まりや、企業、小中学生を対象としたご依頼にも対応していきます。費用は無料です。ご希望の方は、高齢福祉課在宅福祉係(直通23-2930)までご連絡ください。

 

認知症を支援する

SOSロゴ

平成28年度から始まった事業です。

高齢者や認知症患者等の行方不明者が発生した際に、市内の各地域を見回り、行方不明者の早期発見に努めるボランティア活動です。

行方不明高齢者SOSボランティア養成研修開催のお知らせ

 日時:平成30年9月1日(土曜日)  13時30分~15時30分

 場所:生涯学習センター  多目的ホール

 定員:70名(要予約)

 申込先:高齢福祉課在宅福祉係(直通23−2930)

◆今までの実績

昨年度は平成29年9月2日(土曜日)に養成研修を開催しました。

養成研修では、認知症初期集中支援チームのサポート医である水海道厚生病院の松坂尚医師と、常総警察署員から認知症についてのご講演をいただき、平成28年度と平成29年度で計117名の方にご登録いただいております。

ボランティアの方の中には常総市内で働く介護保険事業所の方もいます。

ボランティア登録された方には、SOSボランティアの愛称である「JOSO Search」のロゴ入りのキャップと懐中電灯をお渡しし、行方不明高齢者等の探索にご協力いただいております。

毎年9月~10月頃に養成研修の開催を予定しております。ご協力いただける方はぜひご参加ください!

joso search

 

 

認知症の支援

 

初期集中ロゴ

市では平成29年1月より認知症初期集中支援チームを設置しました。

認知症初期集中支援チームは、医療や介護等、複数の専門職で構成されたチームです。認知症が疑われる方やその家族宅を訪問し、認知症の専門医による鑑別診断等をふまえて、観察・評価を行い、本人や家族支援などを行うことを目的としています。

チームでは、認知症の症状が進行したことなどにより、自ら認知症の相談ができなかったり、ご家族が勧めても積極的に専門の医師に相談できないなど、認知症についての相談を受け付けております。

早期診断・早期対応に向けてお手伝いいたします。まずはご相談ください。

 

常総市認知症初期集中支援チーム(地域包括支援センター内)

直通電話 : 0297-23-2930

認知症初期集中支援チーム関連書式

主治医コメント票

認知症初期集中支援チームの活動に関連して、かかりつけ医に対し、対象者と関わる際に留意すべき点や投薬内容等を文書でお尋ねする場合にご活用いただく書式となります。ご協力を賜りますようお願いいたします。

主治医コメント票(常総市初期集中支援) (EXCEL:35KB)

 

認知症施策推進協議会(認知症初期集中支援チーム検討委員会)

市では、平成28年12月より、認知症施策推進協議会を立ち上げました。

この協議会は、医療・保健・福祉に携わる関係者等より組織されており、認知症総合支援事業全般の検討等を目的としています。

また、この協議会は、認知症初期集中支援チームの活動状況や認知症支援における総合的な調整、連携に関すること等の検討を目的とする、認知症初期集中支援チーム検討委員会も兼務しています。

常総市では、この協議会をとおして、認知症施策を発信していきます。

 

 

お問い合わせ先
高齢福祉課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 介護保険に関すること:内線4230
 要介護認定申請に関すること:内線4240
 介護予防事業・総合事業に関すること:内線4260
 高齢者福祉に関すること:内線4210
 事業所の指定に関すること:内線4220
 高齢者の総合相談に関すること:内線4252

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。