更新日:2017年3月16日

認知症総合支援

常総市の認知症対策
もの忘れや認知症について相談する 認知症を支援する
認知症について学ぶ 支援を希望する

 

認知症について相談する

認知症相談会ロゴ

各地区の公民館等で開催している認知症相談事業です。

認知症を介護されているご家族の方や「最近、物忘れが気になる・・・」「認知症かも?」と不安のある方は、ぜひご相談ください。

筑波大学附属病院 認知症疾患医療センターにもご協力いただいております。

 

受付時間  : 午前10時~11時(予約不要

相談内容例  :  ・最近物忘れが増えた。

                      ・認知症の方にどう対応していいか分からない。

                      ・この症状って認知症なの?        等々

平成28年度の日程は下記チラシにてご確認ください。

平成28年度認知症相談会日程表 (WORD:79.8KB)

 

 

認知症について学ぶ

サポーターロゴ

身近な認知症についてわかりやすくお伝えします。

今年度は9月22日(祝日)に養成講座を開催し、一般の方や企業など、計100名以上の方にご参加いただきました。

今年度分を加えると、現在1520名の方が認知症サポーター養成講座を受講されています。

複数人数の集まりや、企業、小中学生を対象としたご依頼にも対応しております。費用は無料です。ご希望の方は、地域包括支援センター支援係(直通23-2930)までご連絡ください。

 

認知症を支援する

SOSロゴ

平成28年度からの新規事業です。

高齢者や認知症患者等の行方不明状態が発生した際に、市内の各地域を見回り、行方不明者の発見に努めるボランティア活動です。

今年度は平成28年10月1日(土曜日)に養成研修を開催しました。

養成研修では、認知症初期集中支援チームのサポート医である水海道厚生病院の松坂尚医師と、常総警察署員から認知症についてのご講演をいただき、66名の方にボランティア登録をしていただきました。

ボランティア登録された方には、SOSボランティアの愛称である「JOSO Search」のロゴ入りのキャップと懐中電灯をお渡しし、行方不明高齢者等の探索にご協力いただいております。

毎年9月~10月頃に養成研修の開催を予定しております、ご協力いただける方はぜひご参加ください!

joso search

 

 

認知症の支援

 

初期集中ロゴ

市では平成29年1月より認知症初期集中支援チームを設置しました。

認知症初期集中支援チームは、医療や介護等、複数の専門職で構成されたチームです。認知症が疑われる方やその家族宅を訪問し、認知症の専門医による鑑別診断等をふまえて、観察・評価を行い、本人や家族支援などを行うことを目的としています。

チームでは、認知症の症状が進行したことなどにより、自ら認知症の相談ができなかったり、ご家族が勧めても積極的に専門の医師に相談できないなど、認知症についての相談を受け付けております。

早期診断・早期対応に向けてお手伝いいたします。まずはご相談ください。

 

常総市認知症初期集中支援チーム(地域包括支援センター内)

直通電話 : 0297-23-2930

認知症初期集中支援チーム関連書式

主治医コメント票

認知症初期集中支援チームの活動に関連して、かかりつけ医に対し、対象者と関わる際に留意すべき点や投薬内容等を文書でお尋ねする場合にご活用いただく書式となります。ご協力を賜りますようお願いいたします。

主治医コメント票(常総市初期集中支援) (EXCEL:35KB)

 

認知症施策推進協議会(認知症初期集中支援チーム検討委員会)

市では、平成28年12月より、認知症施策推進協議会を立ち上げました。

この協議会は、医療・保健・福祉に携わる関係者等より組織されており、認知症総合支援事業全般の検討等を目的としています。

また、この協議会は、認知症初期集中支援チームの活動状況や認知症支援における総合的な調整、連携に関すること等の検討を目的とする、認知症初期集中支援チーム検討委員会も兼務しています。

常総市では、この協議会をとおして、認知症施策を発信していきます。

 

 

お問い合わせ先
高齢福祉課 地域包括支援センター
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線:4251・4252・4253)

お問い合わせフォーム