更新日:2019年4月1日

戸籍関係証明書

 戸籍制度とは、日本国民の出生から死亡に至るまでの身分関係の流れ(婚姻、離婚、縁組、離縁等)や親族関係を戸籍簿に記録し、公証する唯一の制度です。

 戸籍は、本籍地で取得することができます。本籍地が常総市でない方は、ご自分の本籍地市区町村役場へご請求ください。
 また、住所を異動しても本籍地は変わりませんので、本籍地を移したい方は、転籍届の手続きをお願いします。

 転籍や婚姻・離婚、死亡などにより同じ戸籍にいる方が全員除かれたものを除籍(じょせき)、法律の改正により戸籍がつくり変えられたものを原戸籍(はらこせき)と呼びます。相続の手続きのために戸籍を請求する場合、「死亡した事実がわかる戸籍」、「出生から死亡までの一連の戸籍」、「婚姻から死亡までの一連の戸籍」など必要となる部分を提出先によくご確認のうえご請求ください。

戸籍謄本・戸籍抄本

手数料

戸籍謄本・抄本ともに 1通 450円

請求できる方

  • 戸籍に記載されている本人、またはその配偶者、またはその直系尊属・卑属の方(父、母、子、祖父、祖母、孫など)

 

 

 

原戸籍謄本・抄本 / 除籍謄本・抄本

手数料

原戸籍、除籍ともに 1通 750円

請求できる方

  • 戸籍に記載されている本人、またはその配偶者、またはその直系尊属・卑属(父、母、子、祖父、祖母、孫など)
  • 相続人として被相続人の戸籍を請求する場合、相続関係の確認をさせていただきますので、相続関係のわかる戸籍等をお持ちください。

 

 

戸籍の附票

住所異動の履歴が記載されます。
戸籍の改製に伴って附票も作り変えられるため、過去の住所をさかのぼる場合、戸籍の附票が複数発行される場合があります。

附票を申請する際、記載が必要な住所がある場合は、どこからどこまでの住所の履歴が必要なのかを申請書にご記入ください。

数十年前の住所の履歴に関しては、保存年限経過のためにデータがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

手数料

1通 300円

請求できる方

戸籍に記載されている本人、またはその配偶者、またはその直系尊属・卑属(父、母、祖父、祖母、孫など)

 

 

 

身分証明書

身分証明書は、禁治産または準禁治産の宣告を受けていない、後見の登記を受けていない、破産の通知を受けていないことを証明するものです。

手数料

1通 300円

請求できる方

  • 本人
  • 未成年者に対する親権者

 

 

 

独身証明書

民法第732条の重婚の禁止や民法733条の再婚禁止期間に抵触せず、独身であることを証明します。
外国籍の方と婚姻する方や、外国の方式により婚姻する方は、婚姻要件具備証明書を発行できますので、市民課管理係(0297-23-2909)までお問い合わせください。

手数料

1通 300円

取得できる方

  • 本人(事業者による代理申請は認められません。)

 

 

 

お問い合わせ先
市民課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線1130)
 管理係:内線1110、窓口係:内線1120、市民総合相談係:内線1131

お問い合わせフォーム