更新日:2015年1月30日

その他の公害

土砂等による土地の埋立て等に関する規制

 首都圏を中心とした近県の建設現場等から発生する土砂等による低湿地,くぼ地への無秩序な埋立て等を規制する目的で,「水海道市土砂等による土地の埋め立て,盛土及びたい積の規制に関する条例」が,平成3年6月20日に施行されました。
 また,平成16年4月1日より「茨城県土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」が施行され,区域が5,000以平方メートル上の土地の埋立て等については,県が規制することとなりました。
 当市においても,以前の条例を改正し「水海道市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」が平成16年4月1日より施行になりました。なお,平成18年1月1日に水海道市と石下町が合併して「常総市」が誕生し,新たに「常総市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」が施行されました。
 平成21年10月からは,農地法の除外規定として行われてきた農地改良行為が「常総市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」の適用を受けることになりました。
 平成24年4月からは,都市計画法29条の規定による許可に従って市街化区域内において行う行為が除外規定に追加されました。
 平成23年12月までの条例に基づく許可件数は,次のとおりです。

(表組)平成23年12月までの条例に基づく許可件数

しかしながら,一部で,条例に基づく許可のないままに埋立てを開始するケースもあるため,関係各課や警察署と連携をとりながら,許可の取得を指導しています。今後については,施行者ばかりでなく,地権者にも条例の周知徹底を図り,条例の目的を十分達成できるよう努めていく考えです。

お問い合わせ先
生活環境課 環境対策係
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線:4420)

お問い合わせフォーム