更新日:2021年12月14日

人権問題啓発映画「ホーム」の配信について

茨城県人権問題啓発映画「ホーム」について

 「ホーム=HOME」は「自分が住む場所」「家庭」「ふるさと」「安らぎを感じる心のよりどころ」などを表す言葉です。
 すべての人々が安らぎを感じ、自分らしく力を発揮することができる場所を持っている……
 そんな社会を作りたいという願いを込めたタイトルです。

(人権問題啓発映画 活用の手引 「タイトルについて」から引用)


 「ホーム」は、2020年に茨城県が制作した人権問題啓発映画です。

 この映画は、同和問題(部落差別)を主軸として、障がい者差別、外国人差別、性的指向及び性自認(LGBT+等性的マイノリティ)による差別を人権課題として取り上げています。そして、これらの課題を解決するために、人権問題が決して他人事ではないという自覚と、正しい認識により偏見を除去すること、差別をする人に「あなたは間違っている」と言える態度を育むことなど、様々な人権課題に関わる差別意識の解消につながる状態を描いています。

 この映画が、人権を尊重し、多様性を認めあう社会の実現に向けて一人ひとりが「人権」を自分の問題として考えるきっかけになることを願います。 

(人権問題啓発映画 活用の手引 「はじめに」から内容を一部変更して引用)


茨城県人権啓発映画「ホーム」メインイメージ

動画配信サイトからどなたでもご覧になることができます

茨城県人権問題啓発映画「ホーム」をご覧になるにはこちらから(茨城県教育委員会のサイトへ移動します)

URL https://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/gakkou/jinken/index.html

上映時間 46分

動画のご視聴には通信料が発生する場合がございます。ご利用の端末の設定や通信状況をよくご確認ください。

お問い合わせ先
人権推進課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222番地3
電話番号:0297-23-2111
 人権推進係:内線2151、ダイバーシティ推進係:内線2140

お問い合わせフォーム