更新日:2019年1月1日

平成31年1月市長あいさつ(動画)

発言要旨

新年明けましておめでとうございます。
輝かしい新年を迎えて、皆様には健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。 昨年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年最初の「ようこそ市長室」は水海道総合体育館からお送りいたします。この水海道総合体育館は、今年の秋に開催される「いきいき茨城ゆめ国体」のハンドボール競技の会場となっております。全国から集まる選手や応援の方々から「また常総市に行きたい!」と思っていただけるよう、市民の皆様と一緒に、おもてなしの心を持ってお迎えして、常総市の良さを積極的にPRしていきたいと思いますので、ご協力をお願いしたいと思います。

さて、昨年は、常総市の新たな総合計画「じょうそう未来創生プラン」、常総市の10年計画を策定いたしました。「みんなでつくる・しあわせのまち・じょうそう」を将来都市像に掲げて、地域を元気に、安全安心に暮らしていけるまちづくりをスタートしたところです。 この計画をもとに、行政・市民の皆さん・企業の皆さんと一緒になって、対話を重ねて、対話によるまちづくりを進めていきたいと思いますし、常総市にたくさんの人が来ていただくための「交流人口の拡大」、そして、IC周辺も含めての「農業先進都市」、「防災先進都市」の3つを重点目標にして、市政運営に取り組んでまいります。

【圏央道常総IC周辺開発と道の駅】
まず、圏央道常総インターチェンジ周辺における開発については、昨年5月に土地区画整理事業がスタートして、10月からは造成工事が今、着々と進められています。常総市では「アグリサイエンスバレー構想」を掲げて、インターチェンジ周辺を、食を中心とした農業の6次産業化の拠点とするために、企業立地、また、新たな農業へのチャレンジを展開していきたいと思っています。このインターチェンジ周辺には、この中に「道の駅」の設置も計画しております。2022年度開業に向けて、現在、各分野の多くの皆さんと対話を重ねながら、基本計画の策定を進めております。この道の駅は、農業を活かした新たな産業拠点、様々な人が交わる‐たくさんの方々が常総市に来ていただく‐そして市民のみなさんも楽しんでいただける交流拠点、そして常総市の魅力の発信拠点としての機能を担って、市内の観光施設や文化施設と連携をとって、農業・商工業の活性化と交流人口の拡大を進めてまいりたいと思います。

【鬼怒川堤防にサイクリングロードを整備】
次に、鬼怒川の堤防改修につきましては、強化した堤防の早期完成を目指すとともに、国土交通省や下妻市、筑西市、守谷市、つくばみらい市、八千代町、結城市の流域自治体と連携して、サイクリングロードの整備を進めていきます。このサイクリングロードは、当市だけでなく流域自治体で一緒に作っていく訳ですけども、このサイクリングロードを通して、鬼怒川の自然を眺めていただき、それだけではなく、市街地への回遊ルートの検討も行われております。このサイクリングロードを水害からの復興、そして、多くの方にサイクリングを楽しんでいただき、遠くからも常総市に訪れていただくという形でも地域活性化に繋げていきたいと考えております。工事が順調に進めば、今年の夏に一部区間の供用開始を予定しています。

【防災・減災対策】
一方、防災・減災対策については、引き続き国土交通省や流域自治体との連携強化、そして「マイ・タイムライン」の普及、そして、防災士の皆さんも頑張っていただいておりますけども、防災士の養成や各地域の自主防災組織の充実を図ってまいりたいと思います。また、防災・減災対策の礎であります「常総市地域防災計画」については、今年3月に改定を行う予定で、今後は、この計画の策定にとどまらず、災害を意識した防災訓練をどんどん行っていきたいと思っております。

今年も引き続き、皆さんとの対話によるまちづくりに取り組んでいく所存でございます。皆様のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 最後になりましたが、本年が皆様にとりまして飛躍の年となりますことをお祈り申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ先
秘書課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 秘書係:内線3210、広報広聴係:内線3220、政策推進係:内線3201

お問い合わせフォーム