更新日:2018年4月1日

平成30年4月市長あいさつ(動画)

発言要旨

4月は新年度のスタートということで、市長に就任をさせていただいて2回目となる当初予算の編成となりました。

30年度は、3つの柱を立てて予算編成を行いました。

1.「防災先進都市の常総市」を目指す取り組み

「水害のあった常総市」のイメージから脱却して「防災先進都市の常総市」を目指す取り組みとして、スマートフォンアプリを使用して文字情報で防災行政無線の内容を伝える仕組みが始まりました。

また、引き続き、防災士や自主防災組織の育成も積極的に行ってまいります。

2.圏央道を活かしたまちづくり

当市の基幹産業である農業について、生産から加工・流通・販売までを一貫して行う6次産業の拠点として、圏央道の常総IC周辺を整備していく開発事業の予算を計上しました。

これには道の駅の整備も含まれています。

また、市内では鬼怒川の西側に工業団地が存在しています。

常総ICが開通した現在、企業立地のニーズが高まっていますが、市内の工業団地はもういっぱいで入る余地がないという状況です。

市では、企業誘致を積極的に進めるために、新しい工業団地の開発や既存の団地の拡大ができないか、調査・検討を今年度から始めています。

3.充実した市民生活の実現に向けたまちづくり

常総市では、子どもが生まれる前から、そして生まれた後、幼児期、小学校中学校と切れ目ない子育て支援の施策を展開しています。

その中でも新たな制度として、子どもがたくさんいる家庭を援助をする仕組みを用意しました。

また、出産後の母親の健診などの産後ケアについて、しっかりと助成を行っていきます。

昨年度から開始して大変好評の、若い世帯のかたがたが市内で住宅を建てる場合に助成を行う「いきいき住マイル支援補助金」も引き続き実施していきます。


この他にも、交流人口をたくさん増やしていこうという取り組みで、「常総ふるさと市民登録制度」も引き続き積極的に進めていきたいと思いますので、市外・県外の方にどんどんご紹介ください。

また、今年度から「地域おこし協力隊」という、常総市のシティプロモーション、商店街の活性化などのお手伝いをしていただく方を1人、迎える準備をしたいと思っております。


これらが主な今年度の予算編成となります。

詳しい数字などは広報常総4月号などをご覧ください。

今年度の市の取り組みについて、皆さんからのご意見やご要望をお待ちしています。

昨年度は市民座談会として、自治区長を中心とした地域ごとに行ってまいりました。

今年度は各種団体の皆さん、子育て世代の皆さんなど、さまざまな形式のグループを対象に、直接出向いてお話を伺わせていただく機会を設けていきたいと思います。

ぜひご連絡をいただければと思います。