更新日:2017年6月1日

平成29年6月市長あいさつ(動画)

発言要旨

先月は、私の公約でもございました子育て支援策について、地域交流センター(豊田城)からお送りをいたしました。

おかげさまで豊田城のリニューアルオープンをさせていただいて、これまで年間約6000人の来場客でしたが、先月は1か月でなんと2000人を超えるご来場をいただきました。

皆さまにお越しをいただいて、本当にありがとうございます。

これからも、ぜひご利用いただければありがたいと思います。

そして今月はこちら、坂野家住宅(水海道風土博物館坂野家住宅)でお送りしたいと思います。

鬼怒川の西側の交流拠点としては、常総市で唯一の国指定重要文化財であります。


こちらが坂野家住宅、昭和43年に国の文化財の指定をいただくことができました。

江戸時代の建築としては本当に革新的なものが今でもこういう風に残っているということで、今日もたくさんの方々にお越しをいただいております。


先月お伝えをしました地域交流センター(豊田城)と同じく、常総市ではデジタルミュージアムの構築ということで、この坂野家も含めてデジタル化をして、インターネットのホームページでもご覧いただけるようになっております。

ぜひそちらもご覧いただいて、その上でこちらにお越しいただくと、より中身が分かるようになると思います。

ぜひ検索で「常総市デジタルミュージアム」と検索していただければありがたいと思います。


こちらは、大正9年に建てられました坂野家の離れとして建てられた書院(月波楼)でございます。

この建物は常総市の指定文化財になっております。

素晴らしいこの大正期の造り、主屋とは違った風合いがご覧いただけると思います。

こちらも観光に訪れる方が沢山お越しをいただいておりますけれども、これからも交流の場として、どのように活用しようかとアイデアもいろいろ募集している所でございます。

私は、皆さんの特別な日に、夜この場所で予約をいただいて、食事会なんかをやっていただいてもいいんじゃないかなということで、皆さんから声をいただいているところですので、ぜひお聞かせいただければありがたいと思います。


それから坂野家を少し外に出ていただいて南側に歩いていただくと、坂野家のご子孫の方が運営しているローズガーデン、バラ園がございます。

ちょうど6月、いまの時期は見ごろとなっております。

通常坂野家は月曜が閉館となっておりますが、この時期は月曜日も開けておりますので、ぜひ坂野家と合わせてこのローズガーデンもお越しいただければありがたいと思います。

常総市デジタルミュージアム