更新日:2020年5月27日

記者会見

5月22日

5月22日記者会見(youtube)

こんにちは。定例記者会見ということでお集まりいただきましてありがとうございます。新型コロナウイルス感染症対策について記者の皆さまに様々な情報提供にご協力いただきありがとうございます。

5月14日に茨城県は緊急事態宣言が解除となりました。市民の皆様には、大型連休を含めての約1か月間に渡っての外出自粛など大変なご協力をいただきました。おかげさまをもちまして4月22日以降新たな発症者は出ておりません。市民の皆様の努力に改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

緊急事態宣言解除に伴いまして、市内小中学校の分散登校が今現在スタートしております。常総市は、6月1日から給食も含めて通常登校が開始となります。子供たちにとっても今年度がいよいよスタートするということになりますし、学校にも元気な子どもたちの声が戻ってくるということで期待をしているところでもあります。しかし、全て通常通りに戻ったということではありませんから、三密を防ぐなど様々な取り組みを学校の先生方にご協力をいただきながら感染防止対策をしっかりとった上での学校再開ということにしていきたいと思います。 また、併せて市の公民館、地域交流センター等市の施設また運動公園体育施設も順次解放をしていきます。これについてもまた後で詳しくどこの施設が何日からとお伝えをしたいと思います。

常総市としましてもこれまでも様々な感染防止対策または地域の経済対策に様々な手を打ってきましたけれども、これから特に地域の経済が心配されているところであります。 いろいろな事業者の声を直接伺っておりますけれども、さらに地域経済も守るという意味で施策の展開を適時的確に行っていきたいと思います。

来週から今年度最初の定例会議が始まります。議会の皆さまともしっかり連携をして、 議論を深めながらこういった対策を提案させていただいて効果的な施策を展開してまいりたいと思います。これまで常総市は通年議会ということもありまして2回の随時会議で補正予算を提出して事業を進めているところでございますけれども、好評をいただいている出前テイクアウト推進事業であるとか子供の未来応援チケット交付事業であるとかこれも18歳までに拡充させていただきました。またこの前の随時会議では未来チケット常総、 コロナが終息した後に使用できるチケットを前買いしていただいて事業者の皆さんに今お金を流すクラウドファンディングを利用してこうした事業を予定しているところでございます。

また、今回の議会には5月の補正予算案、また条例の改正等々がございます。補正予算としては、新型コロナウイルス感染症対策として子育て世帯への臨時特別給付事業81,055千円を計上しております。対象児童1人につき児童手当の上乗せ1万円上乗せという事業でございます。また子育て環境を整備するという意味で小学校の一部を改築して保育所の移転をいたしますけども、改築費用の増額も計上されているところでございます。

そのほか、条例の改正ですけれども、常総市は5年前の関東東北豪雨の水害以降、防災先進都市を目指して様々な取り組みをしておりますけども、いよいよ常総市の防災基本条例を策定いたしました。市民、事業者、行政の役割を明確にして常総市として初めて防災先進都市宣言をさせていただく上での条例でもございます。今コロナ禍における防災対策これも喫緊に進めているところでございますけれども、三密にならない避難所そういったものもこれから定例会の途中になると思いますけれども追加の補正予算をお願いするところであります。避難所の三密対策も準備を進めているところでございます。

また、記者の皆さんにもたくさん記事にしていただいましたけれども茨城県で初めての夜間中学これも入学式が出来ていませんでしたが、6月1日からいよいよ授業が始まります。6月2日は開級式を午後6時からスタートします。様々なコロナ禍における対応として教育委員会、学校の先生方に頑張っていただいてオンライン面談を行っております。記者の皆さんに取材をしていただければと思います。オンラインで入学予定の皆さんと先生方が面談をしているところでございます。

またその他、先ほど防災のこともお話ししましたけれども、この定例会も6月4日が最終日となる予定でございますけれども国の第2次の補正予算が今月末に明示される予定になっております。そこに向けて新たな事業展開の準備を進めております。詳細は申し上げられませんけれども、どんなことを考えているかというと6,7月の給食費の無償化を検討して上程する予定です。子供たちに対しての未来応援チケットであるとか様々な施策を打って参りましたけれども高齢者の皆さんも様々な大変な思いをされているという部分、 または地域の経済の疲弊を何とかしないといけないという部分で高齢者の皆さんにも地域でお買い物ができるチケットを用意する予定でございます。また、こういう予算の中で、市役所でも予算の組み換え、また税収の減に備えて予算の組み換えの検討を連日しております。まだまだ終息までは長い道のりになるだろうと鑑みて私自身の期末手当の全額カットも上程する予定でございます。

また防災という観点からいろいろ進めていて防災の一番の肝は市民への情報発信、情報共有になります。常総市は防災無線、防災アプリ、また防災無線が聞こえないといった場合に電話をかけて聞き直すといったことがありますけど、もう1つ新たに防災の情報伝達手段、市のあらゆる情報伝達手段として常総市のLINEを準備を進めておりまして、特にコロナの様々な施策を市民の皆様の携帯に直接プッシュ型で常総市の情報をお伝えしていくLINEの準備を進めているところでございます。 いずれにしても明るい兆しが見えてきた部分ではありますけども行政としてしっかり市民の健康と命、そして地域経済を守るために気を引き締めてコロナ対策を継続して展開を 進めて参りたいと思いますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。私からは以上です。

4月30日

4月30日記者会見(youtube)

4月30日記者会見要旨(PDF:393.4KB)

4月10日

4月10日臨時記者会見(youtube)

4月10日記者会見要旨(PDF:528.9KB)

3月23日

3月23日臨時記者会見(youtube)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。