更新日:2019年5月8日

要配慮者施設における避難確保計画の作成について

要配慮者施設における避難確保計画の作成について

 平成28年8月の岩手県小本川の氾濫による高齢者利用施設の被害等を契機として、平成29年6月に「水防法」及び「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」が改正され、対象施設では避難確保計画の作成と避難訓練の実施が義務となりました。

 

「水防法等の一部を改正する法律」が施行されました(国土交通省ホームページ)

「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」が改正されました (国土交通省ホームページ)

避難確保計画の作成等が義務付けとなる対象施設

 対象となる要配慮者利用施設は、洪水浸水想定区域内または土砂災害警戒区域内に位置し、常総市地域防災計画に避難確保計画の作成が必要と位置づけられた施設です。詳しくは「対象施設一覧」をご確認ください。

 なお、常総市地域防災計画の見直し等に伴い、対象施設に変更が生じる場合があります。

対象施設一覧(平成31年3月現在)(PDF:160.1KB)

避難確保計画の提出について

避難確保計画作成の流れについて

災害への取組をすすめましょう(PDF:297.2KB)

1. 災害リスクの確認

2. 避難確保計画の作成

3. 避難確保計画を常総市へ提出

4. 常総市で避難確保計画を確認

5. 返送後、必要に応じて避難確保計画を修正

作成後の流れ

1. 避難訓練の実施

2. 避難訓練及び避難確保計画の点検

提出物について

提出物は以下の2つです。

1.要配慮者施設避難確保計画作成(変更)報告書 1部

2.避難確保計画 2部(紙で提出の場合)

※メールでデータを提出する場合は、1と2を1部ずつ提出ください。

要配慮者施設避難確保計画作成(変更)報告書(WORD:23.9KB)

提出先について

防災危機管理課へメール(メールアドレス bousai@city.joso.lg.jp )または防災危機管理課(本庁舎2階) へ紙で提出ください。

手引きと様式集

手引き(国土交通省)

要配慮者施設に係る避難確保計画作成の手引き(PDF:531KB)

避難確保計画作成の手引き別冊(作成支援編・様式編)(PDF:2MB)

要配慮者利用施設管理者のための土砂災害に関する避難確保計画作成の手引き(PDF:2.3MB)

てびきとひな形(常総市版)

【水害】

避難確保計画てびき(水害)(WORD:1.3MB)

避難確保計画ひな形(水害)(WORD:1.6MB)

【土砂災害】

避難確保計画てびき(土砂災害)(WORD:337.4KB)

避難確保計画ひな形(土砂災害)(WORD:279.3KB)

災害リスクの確認

ハザードマップについて

常総市洪水ハザードマップ

常総市土砂災害ハザードマップ

降雨情報について

6時間後の降雨予測が確認できます。

今後の雨(降水短時間予報)(気象庁ホームページ)

洪水予報について

洪水時に想定される浸水深等を調べることができます。

鬼怒川・小貝川の洪水浸水想定区域が指定・公表されました

ハザードマップポータルサイト(国土交通省ホームページ)

浸水ナビ(国土交通省ホームページ)

河川の水位と雨量の状況が確認できます。

川の防災情報(国土交通省ホームページ)

水位計のデータや河川カメラの映像が簡単に確認できます。

川の水位情報(国土交通省ホームページ)

土砂災害警戒情報について

土砂災害警戒情報が発表されているか確認できます。

土砂災害警戒情報(気象庁ホームページ)

常総市防災アプリについて

常総市防災アプリ

災害時の安否確認(災害用伝言ダイヤルについて)

災害時の安否確認

お問い合わせ先
防災危機管理課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 防災危機管理係:内線2210、消防係:内線2230

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。