更新日:2015年1月30日

絹本著色嘆誉良肇上人像

(写真)文化財57号(角度修正版)

絹本著色嘆誉良肇上人像 (けんぽんちゃくしょくたんよりょうちょうしょうにんぞう) 1幅

指定番号 第57号
指定年月日 平成25年2月21日
所在地 豊岡町乙1569番地1

 

 嘆誉良肇上人(1359—1439)は、室町時代に常総地域で活躍した浄土宗の高僧である。

鎌倉幕府の執権北条氏の支族、名越家の嫡流として生まれた彼は15歳にて仏門に入り、応永4年(1397年)、現在の豊岡町に当文化財を所蔵する無量山安養寺を開山し、門弟の指導に尽力した。その後の応永21年(1414年)には同じく豊岡町内に、寿亀山天樹院弘経寺を創建する等、常総市内の仏教文化発展に大きく寄与した人物である。

高僧を描いた肖像画を頂相(ちんぞう)と呼称する。曲彔(きょくろく)上に座して右手に払子(ほっす)を執っている姿を描く頂相の標準構成と、「対看写照(たいかんしゃしょう)」と呼ばれる写実的画法により、嘆誉良肇上人の当時の風貌をはっきりと現代に伝えている。 

嘆誉良肇上人に関連する文化財は市内にもう一つあり、「名越の甲冑(かっちゅう)」と呼ばれる市指定文化財第6号

鉄切付盛上黒漆碁石頭縹糸素掛威二枚胴具足

   が、彼が創建した弘経寺内に所蔵されている。これは良肇が名越家の嫡流であった縁から、後世に寄贈されたものとされている。

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8410、青少年係:内線8430、文化係:内線8430

お問い合わせフォーム