更新日:2018年8月7日

秋葉猗堂

1842〜1909 三坂新田出身、その後馬場に暮らす

明治政府修史局

聴覚障害を乗り越えて活躍した儒学・漢学者

 秋葉猗堂は三坂新田の猪瀬家に生まれ、日本画家の猪瀬東寧は猗堂の兄にあたります。飯沼村の秋葉源次郎の嗣子(しし、跡取りの事)となり秋葉姓を名乗りました。秋葉家は村役人として様々な仕事をしており、役人の仕事のかたわら、文武の業を身につけていきました。幕末には幕府軍に加わり、県西から石岡周辺での戦いにも従事しています。

 24歳の時、病により両耳の聴力を失ってしまいますが、障害にも負けず漢学などを修め、明治政府の官吏に抜擢されます。

 明治政府の修史局で国史編纂事業に携わる等、歴史分野で活躍する一方、東京へ遊学する地元の子弟達の世話をする等、本人としての活躍だけでなく、常総地域の学問・文学の発展に大きな功績を残しました。

 

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8410、青少年係:内線8430、文化係:内線8430

お問い合わせフォーム