更新日:2017年12月13日

長塚節文学賞大賞受賞者一覧

長塚節文学賞の趣旨

 歌人、作家として知られる長塚節を広く顕彰するため、短編小説・短歌・俳句の三部門について作品を公募し、入選作品集の刊行等を通して、「節のふるさと常総」の文化を全国に発信していこうとするものです。
 

短編小説部門                 ※住所については入選時の掲載になります。

 

 作品名

 住所

 氏名

第 1 回

 恋歌

 福井県勝山市

 大庭 桂

第 2 回

 雪の歌

 茨城県古河市

 山岡 敬和

第 3 回

 しずり雪

 埼玉県浦和市

 小河 洋子

第 4 回

 かんでえらの日々

 埼玉県大宮市

 山田 隆司

第 5 回

 泥海二還ラズ

 長崎県江迎町

 田中 良彦

第 6 回

 彼誰時(かはたれどき)

 山形県白鷹町

 紺野 真美子

第 7 回

 紫蘇むらさきの

 神奈川県綾瀬市

 内田 聖子

第 8 回

 幸せの翠

 大阪府河内長野市

 松本 敬子

第 9 回

 幻

 埼玉県加須市

 小松 未都

第10回

 風の櫛

 東京都調布市

 沙木 実里

第11回

 しまんちゅ

 千葉県千葉市

 大野 俊郎

第12回

 ヒマラヤ桜の下で

 千葉県千葉市

 冨岡 美子

第13回

 誓いの木

 福島県須賀川市

 馬場 美里

第14回

 大部屋の源さん

 兵庫県宝塚市

 斉藤 せち

第15回

 闇の音

 宮城県仙台市

 西林 久美子

第16回

  該当なし    

第17回

  四重奏

 東京都稲城市

   絹谷 朱美 
第18回   海からの便り

 東京都日野市

 内田 東良

第19回  震える手    埼玉県越谷市  柿澤 正志
第20回  ずっと遥香さん  兵庫県姫路市  大橋 克子

 

短歌部門                   ※住所については入選時の掲載になります。

 

 作品名

 住所

 氏名

第 1 回

 黒き稚魚透きとほる稚魚川口にこもごも群れて群れ交らはず

 静岡県伊東市

 田村 康治

第 2 回

 来る度に離り住めるを詫びし子は位牌となりて家に戻りぬ

 茨城県河内町

 青木 保

第 3 回

 戦爭の悲哀語らず亡びゆく農を語らず兄は老いたり

 広島県府中町 

 神田 三亀男

第 4 回

 岸近き薄氷わけて白鳥動けば暗くよどむ水見ゆ

 北海道札幌市

 白田 敦子

第 5 回

 貧農は死語となりたるうつし世に「土」をまた読む涙して読む

 茨城県真壁町

 藤田 光義

第 6 回

 看護婦をやめて農家へ嫁ぎ来し話題小さきまちに溢るる

 東京都武蔵村山市

 宮  昭司

第 7 回

 新米を君と一緒に食べる朝本日戸籍筆頭者となる

 茨城県猿島町

 木村 浩重

第 8 回

 ミャンマーの国境の山数万の遺骨ありとふ父も混らん

 千葉県印西市

 加藤 恵美子

第 9 回

 サマワより父の帰還を願ひつつ黄のハンカチを子は木に結ぶ

 三重県松阪市

 辻田 悦子

第10回

 稲を刈る音の響ける里山に大きな手話で伝える昼餉

 茨城県坂東市

 富山 富美子

第11回

 大方の時を寡黙に二人老ゆピースといふ名の薔薇を愛して

 千葉県市川市

 大河内 卓之

第12回

 里山の運動会は選手等を貸したり借りたり勝負はつかず

 高知県土佐町

 伊藤 孝恵

第13回

 きょう播くはジャックの登りし豆の種八十三歳まだ夢がある

 茨城県坂東市

 針谷 まさお

第14回

 再興のなりて限界集落に子供歌舞伎のお捻りが飛ぶ

 岐阜県各務原市

 政井 繁之

第15回

 汲むにつれ湯気立ちのぼる井戸水に霜ごと摘みし青菜を浸す

 茨城県常陸大宮市

 小田倉 量平

第16回

  水張田に映れる宙を食みながら早苗はすんすん伸びてゆくなり     茨城県常陸太田市    黒羽 文男 

 第17回

  卒業の歌声ひびく安達太良の空を越えゆく白鳥の群れ      福島県南相馬市     深町 一夫
第18回  豌豆のつるがくるりと伸び出して園芸部員の卒業せまる    茨城県筑西市   岩岡 正子
第19回  決壊の濁流渦巻その先に収穫間近田の広がりぬ    茨城県常総市    山口 勝己
第20回  植ゑし田に響かひて入る水の音のどかに聞きてひと日補植す  茨城県常総市  渡辺 守

 

俳句部門                   ※住所については入選時の掲載になります。

 

 作品名

 住所

 氏名

第 1 回

 冬至湯の柚子下顎に当りけり

 茨城県つくば市

 佐藤 茂夫

第 2 回

 獅子舞の足に若さのありにけり

 福島県矢吹町

 柏村 四郎

第 3 回

 留め金の外れし箱神の留守

 茨城県三和町

 安藤 葉子

第 4 回

 家庭科の授業正座に春立てリ

 福岡県福岡市

 倉岡 智江

第 5 回

 松は松竹は竹なる雪の景

 茨城県石下町

 小林 静枝

第 6 回

 笹子鳴く机の位置の定まれり

 茨城県石岡市

 野村 洋子

第 7 回

 海鳴りは母の声なりしぐれけり

 茨城県美浦村

 石毛 惠美子

第 8 回

 轟轟と闇をのみ込むどんどかな

 茨城県明野町

 高橋 康子

第 9 回

 筑波嶺を洗ひきつたる夕立かな

 茨城県筑西市

 古澤 道夫

第10回

 かけのぼる大きな朝日くわりんの実

 茨城県ひたちなか市

 岩佐 聖子

第11回

 夕立来て節の里の土匂ふ

 茨城県ひたちなか市

 吉江 正元

第12回

 柿をむく夕日の色を回しつつ

 茨城県ひたちなか市

 渡辺 平江

第13回

 新調の鎌の切れ味夏つばめ

 茨城県常陸大宮市

 井坂 道子

第14回

 音立てて節の郷の落葉踏む

 茨城県常総市

 野口 光江

第15回

 餅搗や湯気の中より父母の声

 茨城県常総市

 安藤 陽子

第16回

   田の神にどんと一本新走り    茨城県小美玉市   井坂 あさ 

第17回

   苗確と根付き平らな村となる   高知県四万十市    石崎 雅男
第18回    節忌や竹林に風鳴りやまず     茨城県常総市  添野 眞一
第19回    土に土撒いて浄める節の忌     茨城県土浦市     野口 英二
第20回  ひと粒の雨に始まり夕立来る  千葉県千葉市  山崎 幸子※

※崎の字について、正しくはつくりの大の部分が立の字になります。

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111(内線8410)

お問い合わせフォーム