更新日:2022年4月15日

圏央道常総インターチェンジから道の駅常総へ

【ETC2.0搭載車は常総インターチェンジから道の駅常総への一時退出ができるようになります】

 本日令和4年4月15日、国土交通省から、「高速道路の休憩施設の不足解消に向けた社会実験について」が、プレスリリースされました。

 同省では、高速道路の休憩施設の空白区間の半減を目的として、インターチェンジに近接した全国23か所の道の駅において高速道路からの一時退出を可能とする社会実験を実施しています。

 今回、新たに道の駅常総(仮称)等が追加されました。来年春を予定している道の駅常総の開業時より、常総インターチェンジから最大2時間の一時退出ができるようになります。

 

高速道路からの一時退出を可能とする社会実験

ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、3時間以内(令和4年7月1日以降は2時間以内)に再進入した場合に、降りずに利用した料金のままとするもの。

 

詳しくは、国土交通省のホームページをご覧ください。

高速道路の休憩施設の不足解消に向けた社会実験について

お問い合わせ:産業振興部アグリサイエンスバレー整備課 道の駅整備推進室

                   電話 0297-23-2111 内線2820

お問い合わせ先
アグリサイエンスバレー整備課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222番地3
電話番号:0297-23-2111
 エリア推進係:内線2830、道の駅整備推進室:内線2820

お問い合わせフォーム