更新日:2015年1月30日

農業者年金制度

昭和46年から発足いたしました、農業者年金制度が平成14年1月1日より大きく生まれかわりました。
新しい制度は、積立方式が採用され、加入者数などに影響されにくい長期的に安定した制度となりました。また、食料・農業・農村基本法の理念に即した農業の担い手の確保が目的に揚げられ、意欲ある担い手に対して政策支援として国から最高5割の保険料が助成されます。政策支援を受ける20年要件は、現行制度と新制度の期間が通算されるとともに、政策支援を受けた新制度の年金を併せて受給することができるようになりました。

加入して老後にゆとり農業者年金

新しい制度はこうなります。

  1. 加入要件が緩和されます。
    農業に年間60日以上従事する60歳未満で、国民年金第1号被保険者であれば、農地等の権利名義が無くても、誰でも加入できます。
  2. 新しい制度は積立方式です。
    納めた保険料とその運用益が、将来の年金の原資となり、加入者・受給者の数に影響されず安定した制度になります。
    積立方式とは、納めた保険料とその運用益が、将来受給する年金の財源となる制度 であり、事務手数料においても国が負担することになっております。これまでの賦課方式(加入者の世代が受給者の世代を支える仕組み)と比べて、加入者・受給者の変動の影響をうけにくい制度です。
  3. 保険料は、本人の選択により設定できます。
    保険料は、月額20,000円を基本とし、1,000円刻みで、最高67,000円まで増額することができます。
  4. 政策支援対象者は、国の助成により負担金が軽減されます。
    認定農業者で青色申告者等の意欲ある担い手に対し、国からの助成があります。
    保険料納付期間が、旧制度も含めて通算20年以上見込まれている人で、一定の要件を満たす場合には、基本となる保険料20,000円の2割から5割の保険料が助成(政策支援)がされます。

受け取る年金の種類

  1. 農業者老齢年金
    加入者が納付した保険料とその運用益を原資とする年金で終身にわたり支給されます。
  2. 特例付加年金
    政策支援を受けた人に対して支給されるもので、国庫から助成を受けた額とその運用益を財源とする年金で、経営移譲等の支給要件を満たした時から終身にわたり支給されます。

既に、受給している方

  • カマボコ型の経営移譲年金を受給している方(8%カット)
  • 経過的ピストル型を受給している方(9〜11.5%カット)
  • 経営移譲年金と老齢年金とあわせて受給している方(11.5%カット)
  • 農業者老齢年金のみの方はカットはされません。

平成14年1月分より削減(カット)された金額となります。 

お問い合わせ先
農業委員会事務局
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線2500・2510・2520)

お問い合わせフォーム