更新日:2020年7月14日

保育所の利用者負担額(副食費・保育料)について

副食費(給食費)について

令和元年10月1日から3歳児から5歳児クラスの保育料は無償となりましたが、保育料に含まれていた副食費については、これまでどおり保護者の負担となります。(0歳児から2歳児クラスについては引き続き、保育料の中に副食費が含まれます)。但し、第3子以降の児童と年収360万円未満相当世帯の児童は、副食費が免除されます。

【対象】
3歳児から5歳児クラスの児童

【副食費】
公立保育所 :4,500円
民間保育施設:各施設にお問い合わせください。(金額が施設により異なるため。)

保育料について

利用者負担の額は、保育所入所児童の4月1日時点の年齢と、保護者の市民税額によって階層区分が分けられ、それぞれの階層に応じた額をご負担いただきます。4月から8月分までは前年度の市民税、9月から3月分まではその年度の市民税の課税状況により、階層区分を決定します。また、保育の認定区分が「保育標準時間認定」の場合と「保育短時間認定」の場合とでは、利用者負担の額が異なります。認可保育園(公立・私立)・小規模保育施設・家庭的保育施設等の利用者負担の額は同額となります。

【対象】
0歳児から2歳児クラスの児童

【保育料】
詳細については、「利用者負担額表」 (PDF:95KB)をご覧ください。

【注意点】
1.利用者負担の額を決める際の市民税の所得割額は、住宅借入金等特別控除、寄付金税額控除、  配当控除、外国税控除、配当割額又は株式等譲渡所得割額控除前の税額です。

2.2歳児クラスに在籍している児童は、誕生日の前日に3号認定から2号認定に変わりますが、利用者 負担の額はその年度が終了するまで3号認定の表の金額を適用します。

 

 

お問い合わせ先
こども課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 保育係:内線1320、支援係:内線1331、
 子育て世代包括支援センター:内線1340

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。