更新日:2015年4月1日

平成27年度から平成29年度の介護保険料について

1.介護保険の財源

介護サービスの給付に必要な費用は、40歳以上のみなさんが納めている保険料と公費で半分ずつ賄っています。
介護が必要になったときに、だれもが安心してサービスが利用できるよう保険料は忘れずに納めましょう。

 

介護保険の財源
第1号被保険者の保険料(22%) 第2号被保険者の保険料(28%)
常総市(12.5%)  茨城県(12.5%)  国(25%)

 

2.第1号被保険者(65歳以上の人)の保険料

  • 介護保険料基準額の算出方法

基準額:年額61,200円(第5段階の保険料額)

(イラスト)介護保険料基準額の算出方法

常総市の介護保険料

 介護保険の見直しに伴い、平成27年度から平成29年度の介護保険料額は、下記のようになります。所得に応じて12段階に設定していますが、負担能力の低い方には保険料負担の軽減が図られています。

 平成29年度から介護保険料の所得指標は、合計所得金額から租税特別措置法に規定される長期譲渡所得または短期譲渡所得に係る特別控除額を控除して得た額を用いることとなります。対象となる譲渡所得は、次の場合となります。

  1. 公共事業のために土地建物を売った場合
  2. 居住用財産を売った場合
  3. 特定土地区画整理事業のために土地を売った場合
  4. 特定住宅造成事業などのために土地を売った場合
  5. 農地保有の合理化などのために土地を売った場合
  6. 特定の土地を売った場合

 

平成27~29年度介護保険料
段階

対象者

第1段階

27,600円(月額2,300円)

生活保護受給者
老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税    世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の公的年金等の収入金額と合計所得金額の合計が80万円以下

第2段階

42,000円(月額3,500円)

世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の公的年金等の収入金額と合計所得金額の合計が80万円を超え120万円以下

第3段階

42,000円(月額3,500円)

世帯全員が市民税非課税で、第2段階対象者以外

第4段階

55,200円(月額4,600円)

本人市民税非課税で、同世帯の家族が市民税課税、かつ、本人の前年の公的年金等の収入金額と合計所得金額が80万円以下

第5段階

61,200円(月額5,100円)

本人市民税非課税、同世帯の家族が市民税課税、かつ、本人の前年の公的年金等の収入金額と合計所得金額が80万円を超える

第6段階

73,200円(月額6,100円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円未満

第7段階

79,200円(月額6,600円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満

第8段階

91,200円(月額7,600円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満

第9段階

103,200円(月額8,600円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が290万円以上400万円未満

第10段階

122,400円(月額10,200円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が400万円以上600万円未満

第11段階

136,800円(月額11,400円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が600万円以上800万円未満

第12段階

152,400円(月額12,700円)

本人が市民税課税で前年の合計所得金額が800万円以上

年度途中で介護保険資格を取得・喪失した場合は、月割りで計算します。

お問い合わせ先
幸せ長寿課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 介護保険に関すること:内線4230
 要介護認定申請に関すること:内線4240
 介護予防事業・総合事業に関すること:内線4251
 高齢者福祉に関すること:内線4260
 事業所の指定に関すること:内線4220
 高齢者の総合相談に関すること:内線4210

お問い合わせフォーム