更新日:2017年11月13日

インフルエンザ予防接種の助成期間延長について(高齢者の方)

※インフルエンザワクチンの製造・出荷が遅れているため、助成対象期間を延長しました。 

助成対象の接種期間

旧 平成29年10月1日(日曜日)から平成29年12月28日(木曜日)まで

新 平成29年10月1日(日曜日)から平成30年1月31日(水曜日)まで
※期間外の接種費用については、助成対象となりませんのでご注意ください

インフルエンザについて

○インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。
○主なインフルエンザの症状は、突然の高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などで、のどの痛み・咳・鼻水などの症状もみられます。普通のかぜに比べて全身症状が強いのが特徴です。気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することが多いのもインフルエンザの特徴です。
○インフルエンザは流行が始まると、短期間に小児から高齢者まで膨大な数の人を巻き込むという点でも普通のかぜとは異なります。

予防接種について

○インフルエンザ予防接種は、発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されていますが、インフルエンザウイルスは毎年変化しながら流行するため、流行が予測されるウイルスにあった予防接種を毎年受けることが必要です。
○接種後、免疫がつくまでに2週間程度かかります。効果の持続期間は約5か月間といわれており、流行前に接種を受けておくと効果的です。

接種にあたっての注意事項 ※必ずご確認ください

接種を受けることができない方、医師によく相談しなければならない方、接種後の注意などについて、インフルエンザ予防接種の豆知識 (PDF:374.3KB)をご確認ください。

高齢者の方への助成について

対象者

常総市に住民登録があり、接種日現在で次のいずれかに該当する方
1.65歳以上の方
2.60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害により、身体障害者手帳1級相当の障害のある方

 

助成額

一人一回のみ2,000円
・接種費用から助成額を差し引いた金額が個人負担分となります。
・65歳以上で生活保護受給の方は、接種費用の全額を公費負担します。詳細は、社会福祉課(電話23-2111、内線4110・4111)へお問い合わせください。

助成の受け方

市内協力医療機関で接種する場合

1.協力医療機関へ予約をしてください
・市への申請は必要ありません。予診票などは医療機関に用意してあります。
2.接種時に持参するもの:健康保険証、接種費用個人負担分、身体障害者手帳(対象者2の方)
市内協力医療機関については、インフルエンザ予防接種常総市協力医療機関一覧 (PDF:108KB)をご確認ください。

市外の医療機関で接種する場合

1.医療機関へ予約をしてください
2.接種に必要な書類の交付申請をしてください
・申請開始日:平成29年9月28日(木曜日)
・申請場所:常総市保健センターまたは石下庁舎暮らしの窓口センター(保健福祉係)
・申請後、接種に必要な書類を交付します。
3.接種時に持参するもの:健康保険証、接種費用個人負担分、交付された書類(住所地外予防接種券、予診票、接種済証)、身体障害者手帳(対象者2の方)

参考

・内容についてのリーフレット

インフルエンザ予防接種の助成について (PDF:740.7KB)

お問い合わせ先
保健推進課
〒303-8501 茨城県常総市水海道森下町4434-2(保健センター内)
電話番号:0297-23-3111(直通)

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。