更新日:2016年10月11日

「RSウイルス感染症」が流行しています

RSウイルス感染症について

RSウイルス感染症は、毎年冬に流行しますが、今年は例年より早く流行期に入りました。乳幼児が感染すると、重い肺炎や気管支炎を引き起こし、重症化する傾向があるので注意が必要です。

RSウイルスとは?

・感染、発症すると呼吸器系の疾患を引き起こすウイルスです。
・感染力は非常に強く、生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ100%の乳幼児に感染すると言われています。
・一度感染しても免疫が十分にできないため、大人になってからも何度も感染と発病を繰り返します。

RSウイルス感染症の症状

・鼻水、発熱、のどの痛み・腫れ、せきなど風邪のような症状から、重い肺炎まで様々です。
・初めて感染した場合は、免疫がないため症状が重症化しやすくなります。
※乳児期早期(生後数週間~数か月)のお子さんがいらっしゃる場合には、まわりの人が手洗い・うがいをしっかり行い、せきなどの症状がある場合にはマスクを着用するなど、感染を予防し、感染経路にならないようにすることが大切です。

関連リンク

茨城県感染症情報センター「RSウイルス感染症について」

お問い合わせ先
保健推進課
〒303-8501 茨城県常総市水海道森下町4434-2(保健センター内)
電話番号:0297-23-3111(直通)

お問い合わせフォーム