更新日:2017年7月18日

熱中症に注意しましょう!

気温や湿度が高い日が続くこの時期は、熱中症が起こりやすくなります。高齢の方や小さなお子さんは特に注意が必要です。
また、熱中症は屋外に限らず、室内でも注意が必要です。室温・湿度をこまめに確認し室内環境を意識的にチェックする等、積極的に暑さ対策を行いましょう
下記の関係機関「熱中症情報に関するホームページ」もご活用ください。

防災行政無線による注意喚起を行います

環境省熱中症予防情報サイトで暑さ指数が厳重警戒レベルになると予想されたときは、防災行政無線で熱中症予防のための注意喚起を行いますので、みなさまの熱中症予防対策の一つとしてお役立てください。

熱中症とは?

人間は、暑い時には、血管を拡げたり汗をたくさんかいたりして、体内の熱を外へ逃がし、体温を一定に調節しています。
しかし、調節の限度を超えて暑くなると、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、熱を外へ逃がすことができなくなり、体温が上昇してしまいます。脳へ流れる血液が減って、頭痛やめまいがおき、ひどくなるとけいれんや意識障害がおきて、死に至ることもありますが、予防法を知っていれば、防ぐことができます。

こんな症状に注意!

熱中症の症状

こんな場所は注意!

太陽の画像・高温多湿のところ
・直射日光や照り返しが強いところ
・風が弱いところ
・熱源が近くにあるところ
・屋外だけでなく、屋内でも注意が必要

熱中症予防のポイント

暑さを避ける

・日中の屋外での作業や運動は、できるだけ控えましょう。
・テントを張る、日陰を歩く、帽子をかぶる、日傘をさすなど、直射日光を避けましょう。
・屋内では、扇風機やエアコンを使用して温度を調整しましょう。
・通気性のよい、吸湿性・速乾性の高い素材の服で、軽装をしましょう。

体調管理に注意する

・のどが渇く前に、こまめに水分を補給しましょう。お酒やビールなどは尿量が増えるので、水分補給にはなりません。
・汗をかいたら、スポーツドリンクなどで塩分も補給しましょう。
・無理をせず、適度に休憩をしましょう。
・日頃から栄養バランスの良い食事と、体力づくりを心がけましょう。

小さなお子さんや高齢の方は特に注意が必要です

熱中症の予防や重症化の防止のためには、周囲の方々が協力して、ひとり暮らしの高齢の方を注意深かく見守るなど、周りの方々にも気にとめていただくことが重要です。
子供と高齢者の熱中症

熱中症が疑われる人を見かけたら

熱中症応急処置熱中症の応急手当
・涼しい場所へ移動し、衣服 を緩め、安静に寝かせる。
・エアコンをつける、扇風機・うちわなどで風をあて、体を冷やす。
・脇の下・太もものつけねなどを冷やす。
・飲めるようであれば水分を少しずつ、頻回に取らせる。救急救命士の画像意識がない、自力で水が飲めないなどの場合は、すぐに救急車を呼びましょう
 

熱中症情報に関するホームページ

気象庁 高温注意情報

環境省 熱中症予防情報サイト

総務省消防庁 熱中症情報

茨城県 熱中症に気をつけましょう