更新日:2020年7月6日

熱中症に注意しながら感染症を予防しましょう

マスク熱中症にご注意ください

新型コロナウイルス対策をして、マスクを着用することで、マスク内の温度が上がり、喉の渇きに気づきずらくなるため、熱中症のリスクが高まります。外出時はもちろん、室内でもこまめに水分補給をしましょう。

(1日1.2リットルが目安です)

*屋外で人と十分な距離を確保出きるときは、マスクを外しましょう。

*マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクを外して休憩しましょう。

 

 

★マスク着用時のポイント  定期的にマスク内の熱を逃そう

気温の高い中でのマスク着用は注意が必要です。定期的に清潔な指で、マスクの内側に指を入れ、マスク内の熱を逃しましょう。併せて、風通しのよい服装を心がけ、身体に熱がこもらないようにしましょう。

 

★口呼吸予防に「あいうべ体操」

マスク着用によって、口呼吸になる人が増えています。口呼吸は、口腔や喉が乾燥するため免疫が落ちやすくなります。口のまわりの筋肉を鍛えることで、鼻呼吸の習慣を心がけましょう。

1 「あー」と大きく口を開く

2 「いー」と口を横に広げる

3 「うー」と口を強く前に突き出す

4 「べー」と下を突き出して下に出す

*1日30セット(10セット×3セット)を目安に毎日続けましょう。

 

★エアコン使用時もこまめに換気

エアコンの使用時も、1時間に5分から10分程度、2ヶ所以上窓やドアを開けましょう。

 

 

熱中症予防とコロナ感染防止(PDF:887.9KB)

お問い合わせ先
保健推進課
〒303-8501 茨城県常総市水海道森下町4434-2(保健センター内)
電話番号:0297-23-3111(直通)

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。