更新日:2015年1月30日

紺紙金泥阿弥陀経

(写真)紺紙金泥阿弥陀経

紺紙金泥阿弥陀経(こんしこんでいあみだきょう)4巻
指定番号 第7号
指定年月日 昭和56年12月10日
所在地 豊岡町甲1番地1

 天樹院(千姫)が寛文6(1666)年逝去(せいきょ)するに及んで、その菩提を弔うため千姫の孫が書写したものである。千姫は、大坂落城後、本多忠刻に再嫁し、姫路城にて1男1女をもうけ、男子幸千代は早世するが、女子勝姫は長じて岡山城主池田光政に嫁ぎ、1男4女をもうけた。経巻奥書には「本田(多)下野守殿奥方」とあり、勝姫の長女奈阿姫がこの書き写した人物であることがわかる。
 経巻は、紺色に染めた紙に金泥(金文字)で浄土三部経を写したもので、巻頭には仏画を配し、4巻よりなる。経巻は漆塗・金箔の御紋箱に納められ、巻末には弘経寺第18世萬撫上人(寛文年間在職)の署名もあり、この経巻が寛文年間(1661〜1673)に書写されたものであることがわかる。
 仏説無量寿経巻 上 縦25.2センチメートル 横10.30メートル
 仏説無量寿経巻 下 縦25.2センチメートル 横10.66メートル
 仏説観無量寿経   縦25.2センチメートル 横8.70メートル
 仏説阿弥陀経    縦25.2センチメートル 横2.95メートル

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310番地1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8420、青少年係:内線8430、
 文化係:内線8410、スポーツ振興係:内線8511

お問い合わせフォーム