更新日:2015年1月30日

千姫の墓

(写真)千姫の墓

千姫の墓(せんひめのはか) 1基
指定番号 第9号
指定年月日 昭和56年12月10日
所在地 豊岡町甲4番地1

 千姫は、慶長2(1597)年4月11日、徳川家康の孫、2代将軍秀忠の子として伏見の第(てい)で生まれた。僅か7歳で豊臣秀吉の子秀頼に嫁ぎ、豊臣家の滅亡にあたり、大坂城から救出され江戸へと送られた。後に本多忠刻(桑名城主、後に姫路城主)に再嫁し、1男1女を儲けるが忠刻とも僅か10年で死別し、この後は落飾(らくしょく)して天寿院(天樹院は諡名[おくりな])と号し、江戸城北の丸の竹橋の屋敷で余生を送った。 寛文6(1666)年に没した千姫は、徳川家の菩提寺である伝通院に葬られたが、落飾したときより当寺を菩提寺と定めていたため、弘経寺には遺髪が納められたとされる。千姫の墓(天樹院廟)は、本堂左手奥にあり、平成9年度の保存修理により、これまで伝えられてきた遺髪ではなく、遺骨が納められていたことが判明した。

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8410、青少年係:内線8430、施設係:内線8420、文化係:内線8430

お問い合わせフォーム