更新日:2015年1月30日

西福寺の建長銘板碑

(写真)西福寺の建長銘板碑

西福寺の建長銘板碑(さいふくじのけんちょうめいいたひ)1基
指定番号 第51号
指定年月日 平成17年12月22日
所在地 新石下1034番地

 この板碑は、もともと鬼怒川沿岸の引手山に蔵持の板碑3基とともにあったものであるが、後に新石下の妙見寺に移され、明治4(1871)年に妙見寺が廃寺になるに及んで現在の西福寺に移された。黒雲母片岩を使用した「常総系板碑」と呼ばれるもので、江戸時代にこの碑を運び出そうとしたところ、夜中に炎を吹き出したため恐れて止めたことから、別名「炎石」とも呼ばれる。蔵持の板碑と同じく、地元では平将門の供養のために建立したといわれる。また、この碑に縄をかけると病気が快癒するといわれ、信仰の対象にもなっている。高さ125.4センチメートル、幅147センチメートル、厚さ26センチメートル。

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8410、青少年係:内線8430、文化係:内線8430

お問い合わせフォーム