更新日:2015年1月30日

弘経寺鐘楼

(写真)弘経寺鐘楼

弘経寺鐘楼 1棟(ぐぎょうじしょうろう)
指定番号 第12号
指定年月日 昭和58年3月1日
所在地 豊岡町甲1番地1

 桁行(けたゆき)3間、梁間(はりま)3間、切妻造(きりつまづくり)、桟瓦葺(さんかわらぶき)の建物で、本堂の南東側に建つ。基壇は加工した切石を積んだもので、1.5メートルの高さを持つ。内部は格天井(ごうてんじょう)とし、中央に鐘を釣るための穴が設けられているが、梵鐘(ぼんしょう)は戦時中の供出により失われている。
 建築年代を知る資料は今のところ発見されていないが、建築様式から判断すると18世紀後半のものと推定される。桁行・梁間とも4.8メートル。

現在、基壇上の構造物については復元に向けて解体、保存しております。

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8410、青少年係:内線8430、文化係:内線8430

お問い合わせフォーム