更新日:2015年1月30日

弘経寺経蔵(八角輪蔵)

(写真)弘経寺経蔵(八角輪蔵)

弘経寺経蔵(八角輪蔵)(ぐぎょうじきょうぞう はっかくりんぞう)1棟
指定番号 第14号
指定年月日 昭和58年3月1日
所在地 豊岡町甲1番地1

 三間堂であるが、経蔵という特殊な目的から防火のため外部を大壁(おおかべ)とする。屋根は銅板葺で、棟には瓦葺を用いる。軸部(じくぶ)はとくに組物を設けず簡素な造りとなっている。
 特筆すべきは、内部にある経典を収める輪蔵(回転文庫)で、八角形を示し、軒は二重扇垂木(おうぎだるき)、腰回りは五手先の腰組を設ける。中央には心柱を入れ、全体が回転するように考案されている。鎌倉期の禅宗様で発展したものであり、県内でも非常に珍しく、文化史・建築史的評価も高い。
 建築工法から判断すると、19世紀初頭の建築と推定される。桁行・梁間とも6メートル。

お問い合わせ先
生涯学習課
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111
 社会教育係:内線8410、青少年係:内線8430、文化係:内線8430

お問い合わせフォーム