更新日:2015年1月30日

石下天神ばやし

(写真)石下天神ばやし

石下天神(いしげてんじん)ばやし

指定番号 第38号
指定年月日 平成2年1月8日
所在地 原宿67番地1
保持団体 石下天神ばやし保存会

 江戸時代初期の頃、原宿の氏神天満社の祭礼に、氏子たちが農村の娯楽をかねて奉納したのが始まりとされる。明治時代に入り、農村不況などに伴い活動は停滞するが、終戦後の昭和48(1973)年に再び地元有志の手によって復興された。囃子は、幕開け太鼓、祝い獅子舞、大舞い、各種舞い、狐舞い、幕締めで構成される。
 現在は、原宿の天満社への奉納を始めとして、近隣の祭礼などにおいても奉納、上演されており、また、保存会では地元小学校でのお囃子、踊りの指導も行っており、郷土文化の伝承に努めている。

お問い合わせ先
生涯学習課 文化係
〒300-2793 茨城県常総市新石下4310-1
電話番号:0297-23-2111(内線:8431)

お問い合わせフォーム