更新日:2018年5月8日

農地中間管理事業による農地の貸付・借受希望者を募集しています

農地中間管理機構(公益社団法人茨城県農林振興公社)では、皆さんの農地を機構が借り受け、公募で募集した担い手に対し、まとまりのある形で転貸する農地中間管理事業を実施しています。
現在、農地の貸付・借受希望者を募集していますので、希望される方は農政課へ申込みをしてください。
※農地中間管理事業の申込などの相談窓口は、県農林振興公社からの業務受託により市が行っています。

農地の借受希望者の募集

【募集期間】

随時、募集しています。

【募集地域】

市内全域

【募集対象】

機構から農地の借受を希望する方

【申込】

募集期間内に農用地等の借受希望申込書(農政課にあります。また、下記からもダウンロードできます。)に必要事項を記入し、農政課へ提出してください。

※既に継続登録されている方の申込みは不要です。

(公社)県農林振興公社ホームページ

農地の貸付希望者の募集

【募集期間】

 平成30年8月31日(金曜日)まで(平成30年度協力金対象分)

【貸付条件等】

  • 対象農地は農業振興地域内の農地となります。
  • 遊休農地など借受希望者が見込まれない農地は貸付けできません。
  • 機構への農地の貸付期間は10年以上が基本となります。
  • 農地の貸付先(借受希望者)の決定は、機構に一任していただきます。

(申込時に貸付先の希望がある場合は考慮しますが、必ずしも希望に添えるものではありません。)

  • 申込書を提出されても、機構が正式に借受ける(契約)までの間は、ご自分で農地を管理していただきます。

【申込】

 農地中間管理事業による農用地等の貸付希望申出書(農政課にあります。)に必要事項を記入し農政課に提出してください。

【メリット措置】

 農地中間管理機構を活用した農地の貸付けに関しては、次のメリット措置が適用される場合があります。

1.個々の出し手に対する支援

経営転換協力金

交付単価(平成30年度)

1万円~3.5万円/10アール (交付上限70万円/戸)

交付対象者

機構へ自作地を貸し付けた農業者など

  1. 農業部門の減少により経営転換する農業者
  2. リタイヤする農業者
  3. 農地の相続人

※遊休農地の所有者は対象になりません。

耕作者集積協力金

交付単価(平成30年度)

5,000円/10アール

交付対象者

機構の借受農地に隣接する農地又は面的集積要件を満たす原則2筆以上の農地(交付対象農地)の機構への貸付けに協力した農業者

※遊休農地は対象になりません。

2.地域に対する支援

地域における話し合い(人・農地プラン)により、地域でまとまった農地を貸付けた場合、当該地域に対し地域集積協力金を支払います。

地域集積協力金

機構への貸付割合と交付単価(平成30年度)

1万円~1.8万円/10アール

交付要件

1.地域内の農地の20%超が機構に貸付けられていること。

2.機構に貸付ける農地のうち新規集積面積の割合が25%以上となること。

協力金の使途

地域が市と相談の上、地域農業の発展に資すると考えられる方法で、自由に使用することができます。

「地域」とは、集落・学校区など、実際の話合いの単位となった外縁が明確になっている概ね10ha以上の区域をいいます。
「1.個々の出し手に対する支援」と「2.地域に対する支援」の両方の要件を満たした農地については、地域と個々の出し手がそれぞれ交付を受けることができます。

お問い合わせ先
農政課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 農政係:内線2310、水田事業支援係:内線2310、振興係:内線2320、
 土地改良係:内線2330、地籍調査係:内線2340

お問い合わせフォーム