更新日:2017年4月27日

平成28年度から軽自動車税の標準税率が変わりました

平成26年度、27年度の税制改正において、軽自動車の標準税率が下記のとおり改正されました。

軽自動車税は毎年4月1日現在、下記の車両を所有している方に、課税されます。

軽自動車税の標準税率

車種内容 

旧標準税率
(平成27年度まで)   

新標準税率
(平成28年度から)
重課税率 
(注釈)
原動機付自転車

50cc以下

1,000円

2,000円

制度なし

50cc超90cc以下

1,200円

2,000円

制度なし 

90cc超125cc以下

1,600円

2,400円

制度なし 

ミニカー

2,500円

3,700円

制度なし

小型特殊自動車

農耕作業用

二輪のもの

1,600円

2,000円

制度なし

四輪のもの

1000cc以下

2,400円

3,000円

制度なし

1000cc超

3,100円

3,900円

制度なし

その他

4,700円

5,900円

制度なし

軽自動車

二輪(250cc以下)

2,400円

3,600円

制度なし

三輪のもの

3,100円

※3,900円

4,600円

四輪以上のもの

自家用

乗用 

7,200円

※10,800円

12,900円

貨物 

4,000円

※ 5,000円

6,000円

営業用

乗用

5,500円

※ 6,900円

8,200円

貨物

3,000円

※ 3,800円

 4,500円

ボート・トレーラー等

 2,400円

3,600円

制度なし

2輪の小型自動車(250cc超)   

 4,000円

6,000円

制度なし


 

※ 三輪以上の軽自動車の新標準税率について
 三輪以上の軽自動車の新標準税率は、平成27年4月1日以降に新車の新規登録をした車両が適用になります。平成27年3月31日までに新車の新規登録をした車両は、登録後13年を経過するまで旧標準税率のまま据え置きとなります。

 

(注釈)重課税率
 平成28年度より、グリーン化(環境への負荷の低減に資するための施策)を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した三輪以上の軽自動車について、概ね20パーセント税率が上乗せされる「経年車重課」の制度が導入されました。
 最初の検査登録日(初度検査年月)は自動車検査証(車検証)に記載されています。  
 平成15年10月14日以前の車両は、検査年のみの記載で検査月の記載はされておりません。その場合には、その年の12月を検査月とします。

お問い合わせ先
税務課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
     市民税に関すること:内線1610
     固定資産税(家屋)に関すること:内線1620
     固定資産税(土地)に関すること:内線1630

お問い合わせフォーム