更新日:2015年10月1日

過去5年以内に国民年金の納め忘れがある方へ

国民年金保険料 5年後納制制度について

国民年金保険料は、通常2年を過ぎると納めることができなくなります。しかし、平成27年10月から30年9月までの期間に限り、過去5年間の未納を納めることができる制度(後納制度)が設けられています。

後納制度を利用することのメリット

・将来の年金額が増額します。

 納め忘れの期間があり将来の年金受給見込額が少ない場合、後納制度を利用することによって年金額を増やすことができます。

・年金の受給資格が得られる可能性があります。

 現在、年金を受給するための資格期間は300月(25年)以上と定められています。期間が不足していて受給資格のない方が、後納制度を利用することによって受給資格を確保できる場合があります。

後納制度を申し込める方

1. 20歳以上60歳未満の方で、5年以内に納め忘れの期間や未加入期間がある方

2. 60歳以上65歳未満の方で、1の期間のほか任意加入中に納め忘れの期間がある方

3. 60歳以上の方で、年金受給資格がなく任意加入中の方など

(注)60歳以上で、すでに老齢基礎年金を受け取っている方は申込みできません。

過去5年間の保険料(月額)

平成24年度 15,610円
平成25年度 15,420円
平成26年度 15,420円
平成27年度 15,590円
平成28年度 16,260円 加算なし
平成29年度 16,490円 加算なし

※平成29年度中に過去の未納期間を後納する場合の金額です。

※平成24~26年度は、当時の保険料に加算を含んだ表示です。

必要書類

・基礎年金番号のわかるもの

・窓口に来る方の身分証明書(運転免許証、健康保険証、住基カード等)

・印鑑

 

詳しくは日本年金機構ホームページ

お問い合わせ先
健康保険課 年金係
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線1231)

お問い合わせフォーム