更新日:2016年4月6日

市営住宅申し込み案内

入居者募集

募集時期

市営住宅の入居者募集は、空き部屋が出た住宅のみ、7月頃と1月頃の年2回の予定で行います。追加募集をする場合があります。

入居募集のお知らせ方法

募集は「広報 じょうそうおしらせ版」及びホームページにてお知らせします。

申込用紙の配布場所

募集期間に市役所本庁舎(水海道)建設課で配布します。

入居者の選考

各募集住宅に対して応募者が多数である場合には、入居者選考委員会により入居者を選考します。
入居者選考委員会によって入居者を選考できない場合には、公開抽選により入居者を決定します。

入居可能日

7月募集は10月1日、1月募集は4月1日です。

 

入居申込者の資格

申込者は以下の要件をすべて備えている方に限ります。

常総市内に住所又は勤務場所があること

※平成27年9月関東・東北豪雨により被災された方については、り災証明書で平成27年9月10日時点において、市内に住所を有していたことが確認できること。

独立の生計を営む者

・無職無収入の方は申込むことができません。

同居する親族があること

単身での申込みは下記のいずれかの条件が必要です。ただし、身体上又は精神上著しい障害があるために、常時の介護を必要とし、かつ居宅において、これを受けることができず、又は受けることが困難であると認められた方は除きます。
また、単身で申し込みできる住宅は、三郷団地(中妻町)、千代田団地A〜E棟(中妻町)、八間堀団地(水海道橋本町)、富士見団地(水海道橋本町)、岡田住宅3号棟(岡田)です。

【単身で申込みの条件】

  1. 昭和31年4月1日以前に生まれた方
  2. 身体障害者手帳の交付を受けている方(1級~4級)
  3. 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方(1級~3級)
  4. 療養手帳の交付を受けている方(マルA・A・B・C)
  5. 戦傷病者手帳の交付を受けている方(特別項症~第6項症、第1款症)
  6. 原子爆弾被害者の医療等に関する法律の規則による厚生労働大臣の認定を受けている方
  7. 生活保護受給者又は中国残留邦人等に対する支援給付を受けている方
  8. 海外からの引揚者で、引き揚げ後5年以内の方
  9. ハンセン病療養所入所者等の方
  10. DV被害者で次のいずれかに該当する方
    ・配偶者暴力相談支援センター又は婦人保護施設において保護を受けた後5年以内の被害者
    ・配偶者に対し裁判所から接近禁止命令又は退去命令が出された後5年以内の被害者

 現在住宅に困っていること

・持ち家のある方、公営住宅にお住まいの方は、申込みできません。

県民及び市町村税・市の使用料、負担金等を滞納していないこと

申込者及び同居予定者が暴力団員でないこと

規程の収入基準内であること

下記の収入基準を参照してください。 

 

収入基準
 世帯区分 収入基準 該当する世帯
 一般世帯  月額所得158,000円以下  裁量世帯以外の世帯
 裁量世帯 月額所得214,000円以下
  1. 昭和31年4月1日以前に生まれた方のみの世帯
  2. 昭和31年4月1日以前に生まれた方と18歳未満の方のみの世帯
  3. 入居者及び世帯員に次の方がいる世帯
    ア) 小学校未就学者(入居可能日の前日時点)
    イ) 身体障害者(身体障害手帳1級〜4級)
    ウ) 精神障害者(精神障害者保健福祉手帳1級〜2級)
    エ) 知的障害者(療育手帳マルA、A、B)
    オ) 戦傷病者(特別項症~第6項症、第1款症)
    カ) 原子爆弾被爆者
    キ) 海外からの引揚者で引揚日から5年以内の者
    ク)  ハンセン病療養所入所者
     
  • 月額所得の計算方法

月額所得=12ぶんの給与所得控除後の金額-[扶養控除(38万円カケル同居・別居扶養親族数)+特別控除]

  • 特別控除は以下の額になります。
    ア) 老人扶養親族(70歳以上の方)1人につき10万円(老人控除対象配偶者含む)
    イ) 特定扶養親族(16歳以上23歳未満の方)1人につき25万円
    ウ) 障害者1人につき27万円、特別障害者1人につき40万円
    エ) 配偶者の死亡、又は離婚後、配偶者がなく親族を扶養している方27万円

 

お問い合わせ先
建設課 営繕住宅係
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線2630・2631)

お問い合わせフォーム