更新日:2020年4月27日

家族介護教室

高齢者を介護している家族や近隣の援助者等を対象に、介護方法や介護予防、介護者の健康づくり等の知識、技術習得のための教室を開催しています。

開催時期

全戸配布チラシ、広報お知らせ版等によりお知らせします。

開催事業所

 
きぬ医師会病院  常総市新井木町13−3
筑波キングス・ガーデン  常総市大生郷町1818−2
よしの荘  常総市上蛇町1888−1
L・ハーモニー石下  常総市原宿1155

令和元年度の教室の様子

令和元年7月21日「高齢の方の食事と食中毒予防」 【よしの荘】

7月よしの荘

(よしの荘職員より)

実際に介護をしている方や将来に備えて勉強をしにきた方など、様々な方が教室に参加されました。

参加者からは、「常食からミキサー食まで、色々な食事形態があるのにびっくりした」「一人ひとりの飲み込みを考えてくれてご苦労様です」との言葉を頂きました。

また、一人暮らしの方から「一人で食べるのは寂しい」「1人分だとおいしく作れない」「あまって腐らせてしまう」とのお話があったので、小分けにして冷凍する方法等をご紹介しました。

令和元年7月27日「誤嚥性肺炎と熱中症・脱水症について」 【きぬ医師会病院】

7月きぬ医師会

誤嚥性肺炎について、飲み込みの仕組みや家庭でできる予防法についてご説明しました。

また、熱中症・脱水症については、原因や対処法、予防(水分を摂取するタイミング等)について解説しました。

令和元年10月19日「排泄介助について」 【筑波キングス・ガーデン】

介助

排泄介助についての介護者教室、第一弾の基礎編です。

「尿」や「便」の作られ方、「排泄」のしくみ、排泄障害の種類と対策の講義を行いました。デリケートな問題ではありますが、具体的な困りごとについて説明し、対策を解説しました。

令和元年11月9日「排泄介助について2」 【筑波キングス・ガーデン】

キングス

10月に行った排泄介助(基礎編)に続く、応用編です。排泄の仕組みを復習した後、福祉用具やオムツの選び方などを説明しました。

また、最新の機器(センサーで尿の残量をチェックし、スマートフォンにデータを送る)について紹介しました。

参加者からの相談(尿パットをトイレに流してしまう等)にも対応させていただきました。

令和元年12月7日「認知症について」 【L・ハーモニー石下】

12月Lハーモニー

(L・ハーモニー講師より)

21名の方に参加していただきました。参加者の年代は50〜80代の方が多く皆様熱心に聞かれていました。認知症の種類や特徴、認知症の方との接し方について説明し、一人で抱え込まず相談することや専門医療機関についてもお伝えしました。

参加者の方からは「実際に認知症の方を介護しているので話を聞けて良かった」「一人で抱え込まず・・・など話を聞けて安心した」などのお声がありました。

また、「もっと相談できる環境を整えてほしい」「みんな話したい人が多いと思うので悩みを共有できる場があると嬉しい」など様々なご意見を頂戴しました。

令和2年1月11日「高齢者への食事提供のコツ」 【筑波キングス・ガーデン】

2月キングス

加齢による嚥下能力や味覚の変化を踏まえた食事提供についてご説明しました。トロミ剤や栄養補助食品の説明の際は、参加者さんにも使い方の体験をしていただきました。

令和2年2月16日「無理なく安全に在宅介護を                               はじめての方にもわかりやすい介護の基本」 【よしの荘】

  2月よしの荘

ベッドからの移乗やオムツの使い方など、在宅介護の基礎知識を実技を交えながら、ご説明しました。

オムツの当て方の実技の中で、最新のオムツやパットを見て「スリットがあるのは初めて見ました」「こんな作りになっているんですね」と皆さん驚かれていました。

お問い合わせ先
幸せ長寿課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 介護保険に関すること:内線4230
 要介護認定申請に関すること:内線4240
 介護予防事業・総合事業に関すること:内線4251
 高齢者福祉に関すること:内線4260
 事業所の指定に関すること:内線4220
 高齢者の総合相談に関すること:内線4210

お問い合わせフォーム