更新日:2017年10月25日

常総市宅地耐震化推進事業

 阪神・淡路大震災や東日本大震災等では,谷や沢を埋めた造成宅地や斜面に腹付けした造成宅地において,盛土が滑動崩落を起こし,崖崩れや土砂の流出による多くの宅地被害が発生しました。

 このような背景から,平成18年に宅地造成等規制法が改正され,「宅地耐震化推進事業」が創設されました。

大規模盛土造成地の変動予測調査について

 常総市ではこの宅地耐震化推進事業により,大規模盛土造成地の有無を調査する変動予測調査(第1次スクリーニング)を実施します。

 調査結果に基づき大規模盛土造成地マップを作成し,住民のみなさまへの情報提供を行うことで,安全・安心に暮らせるまちづくりを推進します。

 

大規模盛土造成地とは

(1)谷や沢を埋めて造成した盛土面積が3,000平方メートル以上の造成宅地

(2)盛土をする前の地盤面が水平面に対して20度以上の角度で

  盛土の高さが5メートル以上の造成宅地

 

大規模盛土造成地のイメージ(国土交通省HPより抜粋)

大規模盛土造成地のイメージ(国土交通省HPより抜粋)

詳しくは国土交通省HP をご覧ください。

大規模盛土造成地の滑動崩落対策について

常総市宅地耐震化推進事業

 常総市では,国の社会資本整備総合交付金を活用し,平成29年度より事業を実施します。

社会資本総合整備計画(PDF:535.2KB)

社会資本総合整備計画(第1回変更)(PDF:557.6KB)

事前評価(PDF:65.9KB)

お問い合わせ先
都市計画課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線2700)

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。