更新日:2016年8月18日

鬼怒川の洪水情報の配信開始について

鬼怒川の洪水情報の配信開始について

 近年、記録的な豪雨により、全国的に大規模な水害や土砂災害が頻発しています。また、気候変動の影響により、今後はますます洪水の発生頻度が高まることが予想されています。そのため、社会全体で常に洪水に備える「水防災意識社会」の再構築をめざして、鬼怒川・小貝川下流域の沿川10市町、茨城県、国が連携・協力してハード対策とソフト対策を一体的、計画的に推進しています。詳細は、下記リンクの鬼怒川・小貝川下流域の減災対策協議会をご覧下さい。
 今回この取組の1つとして、大規模な洪水が鬼怒川で発生した場合には、浸水する危険性の高い地域の皆様の携帯電話やスマートフォンに対して洪水情報の配信を常総市全域で開始します。

洪水情報とは、指定河川洪水予報の氾濫危険情報(レベル4)及び氾濫発生情報(レベル5)の発表を契機として、流域住民の主体的な避難を促進するために配信する情報です。

鬼怒川・小貝川下流域の減災対策協議会

配信の開始日

平成28年9月5日(月曜日)から

配信エリア

常総市全域

配信する情報

鬼怒川において河川氾濫のおそれがある(氾濫危険水位を超えた)情報及び氾濫が発生した情報を配信

対象の水位観測所

鬼怒川 川島水位観測所
受持区間
左岸:筑西市下江連から常総市新石下まで
右岸:筑西市下川島から常総市古間木まで

訓練配信実施のお知らせ

洪水情報の配信開始に合わせて下記のとおり訓練配信を実施します。

訓練配信実施日

平成28年9月5日(月曜日) 午前9時30分から11時

配信内容

【訓練】河川氾濫のおそれ
※これは訓練です。
【訓練】鬼怒川で氾濫の恐れ
鬼怒川の○○地先付近で水位が上昇し、避難勧告等の目安となる「氾濫危険水位」に到達しました。堤防が壊れるなどにより浸水のおそれがあります。
防災無線、テレビ等で自治体の情報を確認し、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとってください。
このメールは、常総市域に配信しています。

留意事項

  • 携帯電話等の基地局の関係により、配信エリア近郊の方にも届くことがあります。
  • 携帯電話の電源が入っていない場合や、圏外、電波状況の悪い場所、機内モード時、通話中、パケット通信中の場合は受信することができません。
  • ご利用の機種により、緊急速報メールに対応していない場合があります。

問い合わせ先

国土交通省下館河川事務所調査課 0296-25-2171
常総市安全安心課 0297-23-2111(内線2210)

鬼怒川の洪水情報の配信開始について(PDF:192.8KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。