更新日:2018年9月1日

ようこそ市長室へ

市民の皆さまへ

https://youtu.be/ANnJ8CUKDrg

発言要旨

今月はこの現場からお送りしたいと思います。まさにここは3年前、関東・東北豪雨で鬼怒川が決壊をした現場であります。あれから3年、大変強靭な堤防に生まれ変わりました。

平成27年9月10日に発生しました、あの大水害から3年が経過しようとしています。私は、この生まれ育った常総の大切なふるさとを取り戻したい、そして被災者の皆さんも含めて元の生活に一日も早く戻ってこれるよう、そういった思いの一心で常総市長に就任をさせていただきました。まさに私の常総市政の原点がこの場所にあると言っても過言ではありません。

被災された方々が常総市に戻って、そして元の生活が取り戻せるよう生活再建の様々な支援策、そして安心して生活ができるようにこの堤防の強化をはじめ、タイムラインなどのソフト対策、そして何よりも子どもたちの防災教育、様々なことに取り組ませていただきました。これは私の想いでもありますけれども、次の時代を担う子どもたちがしっかりとこの常総市を支えていくためにも安心安全に生活ができるという、この防災の取り組みによって、そしてその防災の取り組みの原点は地域の絆であります。そういったものをもっともっと深めていくことが、常総市に住んで良かった、そして地域での絆が深まったことによって地域での福祉、地域での教育、様々な面に防災力が活かせると確信をして防災先進都市としてこの2年間、市政を運営させていただきました。

次の時代・次の世代を創っていくのが何よりも常総市長の責任でもあると考えております。これからも、この常総市民の皆さんが安心して安全にこの常総市で、この故郷で生活ができるように防災の取り組みを積極的に取り組んでいきたいと思いますし、この9月は、9月10日、常総市防災の日であります。これを契機に皆さんもう一度何かがあった場合の備えは大丈夫か、家族でお話合いをしていただき、防災と向き合う月にしていただければありがたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

平成30年9月1日
常総市長 神達 岳志

 

お問い合わせ先
秘書課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111
 秘書係:内線3210、広報広聴係:内線3220、政策推進係:内線3201

お問い合わせフォーム