更新日:2017年10月1日

ようこそ市長室へ

市民の皆さまへ

https://youtu.be/CurshTHm_mU

稲穂がしっかりと実って稲刈りも進みました先月9月、あの水害から丸2年を迎えました。

今年も、このおいしいお米が福幸米(ふっこうまい)として実っています。

水害から2年経ちましたけれども、この稲穂のようにすくすく成長して、皆さんに福が、幸せが訪れるよう、一緒に復興に向かっていきたいと思います。

今月10月は、2つのことをテーマにお話をしたいと思います。


1つは、今進めております都市間交流、東京都と常総市を絆でつなぐという取り組みです。

東京都のかたがたに常総市に訪れていただく施策として、目黒区の皆さんとの交流を始めました。

目黒区長ともお話をさせていただき、9月17日には、全国的に有名な目黒のさんま祭り(目黒区民まつり)に、初めて常総市のブースを出店しました。

ブースでは、常総市のおいしいものを来場者に味わっていただくことができました。

これからは、目黒区をはじめ東京都の皆さんと、水海道あすなろの里をはじめ、圏央道の常総IC周辺なども含めてご利用いただき、市民の皆さんとの交流を深めていければと考えております。

また、東京で首都直下型地震などが起こった場合に常総市が救いの手を差し伸べられるように、災害の協定も結んでいきたいと考えております。

これからは、目黒区を中心に、東京から常総市まで1時間以内で来られるという地の利を生かして、災害協定、農村交流など、農作物・商業・人などあらゆる面で東京都と常総市の絆を深めていきたいと思います。


2つ目のテーマは「市民協働のまちづくり」です。 さまざまな施策をこの1年間でも行ってまいりましたが、あくまで常総市を創るのは市民の皆さんです。

市民の声と行政が一つになって新たな施策を作っていく、そのために市民の皆さんの声をしっかりお聞かせ願いたい、そういう取り組みを11月からスタートします。

市民の皆さんとの「座談会」ということで皆さんのもとに私がお邪魔をし、意見交換をするというものです。

各自治会、自治区長さんをはじめ、子育て世代、各種団体など、どなたでも結構です。 秘書課へお申し込みをいただければ予定を調整いたします。

皆さんのアイデアを活用し常総市が前進できるように、座談会は定期的に開催をしていきます。

募集もこれからしていきたいと思いますので、ご応募お待ちしております。

平成29年10月1日
常総市長 神達 岳志

お問い合わせ先
秘書課
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線3211)

お問い合わせフォーム