更新日:2015年7月9日

供託について

供託とは、当選を争う意志のない人が売名などのため無責任に立候補したり、候補者の乱立を防いだりするために、立候補届出の際に候補者や政党が現金や国債を預ける制度です。

供託物は、選挙の結果が確定した後で取り戻すことができます。ただし、得票数が一定の数(供託物没収点)まで達しなかった場合や、候補者が立候補を辞退した場合は没収となります。

供託額と没収の規定
選挙の
種類
供託額 供託物没収点等
衆議院
小選挙区
300万円 有効投票数 ÷ 10
衆議院
比例代表
候補者1人につき600万円
注記:
重複立候補者の場合300万円
没収額 = 供託額 ―(300万円
× 重複立候補者のうち小選挙区の当選者数
+ 600万円 × 比例代表の当選者数 × 2)      
参議院
選挙区
300万円 有効投票数 ÷ その選挙区の議員定数 ÷ 8
参議院
比例代表
候補者1人につき600万円 没収額 = 供託額 ―
600万円 × 比例代表の当選者数 × 2
県知事 300万円 有効投票数 ÷ 10
県議会 60万円 有効投票数 ÷ その選挙区の議員定数 ÷ 10
市長 100万円 有効投票数 ÷ 10
市議会 30万円 有効投票数 ÷ その選挙区の議員定数 ÷ 10

 

お問い合わせ先
選挙管理委員会(総務課内)
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線3620)

お問い合わせフォーム