更新日:2016年11月14日

通年議会

1 通年議会の導入(平成26年5月1日~)

当市議会の定例会につきましては、地方自治法の規定に基づき、条例において年4回の開催を定めた上で、市規則において、毎年3月、6月、9月及び12月にこれを開催することとし、このほか、臨時に議案を審議する必要がある場合は、同法の規定に基づいて臨時会を開催しておりましたが、平成24年9月に改正地方自治法が施行され、毎年、条例で定める日から翌年のその日の前日までを会期とする、いわゆる通年議会が法定化されました。

このため、当市議会におきまして、通年議会を導入することとし、毎年5月1日から1年間を会期とした上で、定例会に相当する会議を従前と同様に年4回開催する旨を規定した条例を新たに定めるとともに、定例会の回数等に関する条例を廃止するほか、会議規則について通年議会の導入に伴う必要な改正を行いました。 

  2 通年議会のイメージ

当市の通年議会は、毎年5月1日から1年間の会期が始まり、翌年の4月30日に閉会し、5月1日になるとまた自動的に会期が始まります。年4回定期的に定例会議(注釈1)を開催し、開催していない間は休会ということになり、開催する場合は再開ということになります。また必要に応じて随時会議(注釈2)を開催します。その際の会議開催については、議長が通知することとなります。(4年に1度の改選後や議会の解散による選挙後の初めての議会のみ、市長が招集することになります。)

(注釈1)定例会議…条例で定めた年4回の会議で、集中的に議案等の審議審査や一般質問、常任委員会の開催等がなされる。
(注釈2) 随時会議…条例で定めた年4回以外に、必要に応じて開催する会議。

通年議会イメージ図

通年議会イメージ図(PDF:175.4KB)

3 通年議会の期待される効果

  • 議会が主体的に本会議又は委員会を開催することによって、議会機能の自律的向上が図れるとともに、一層、充実した委員会活動を行うことができる。
  • 突発的な事態にも即時に対応できる。

4   通年議会導入による関連条例等

常総市議会の会期等に関する条例(PDF:80KB)

市長の専決処分事項の指定(PDF:127.8KB)

一事不再議の規則・運用(PDF:69.6KB)

お問い合わせ先
議会事務局
〒303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3
電話番号:0297-23-2111(内線4500・4510・4520)
直通番号:0297-22-0318
ファックス:0297-23-1554

お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。